春のコンテンポラリーダンス祭り

はじめまして。

 

テレビドラマが好きな会社員です。

 

ドラマのことをブログにメモしよう、メモしようと思っていましたが、仕事がバタバタでドラマをみるどころではなく、登録してから日がたってしまいました…。

 

1月期のドラマはハードディスクにどんどん溜まっていっておりますが、もう諦めつつあります…。もはや定期的に見ているのは「ごちそうさん」のみという体たらく…。

 

4月期は「最後から二番目の恋」のセカンドシーズンやら、月9の尾野真千子主演作やら、ロバート•アルトマン(というかチャンドラー)の「ロング•グッドバイ」を渡辺あやがリメイクするやら、半沢直樹制作チームが作る「ルーズヴェルト•ゲーム」やら…楽しみすぎるドラマが一杯あるので、少しずつ情報を集めていこうと思っています。

 

それはそうと!!先日、新聞を読んでおりましたらこんな宣伝が!!

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/files/2014/02/Copie-de-429-04012.jpg

 

フィリップ•ドゥクフレカンパニーがこの6月に8年ぶりに来日!!!

どしぇー!やったね!!

フィリップ•ドゥクフレはコンテンポラリーダンスの中では、かなりショー的というか、魅せるのが上手な振付師なんです。

彼はマース•カニンガムのカンパニーでダンサーしてたりもしてたみたいなのですが、そもそものルーツはパントマイムだったりします。演出もサーカスぽいものがあったり、映像をふんだんに使っていたりととってもエンターテイメントな感じです。

 

私がお気に入りなのは彼一人が踊る"Solo"という作品。彼自身の人生を振り返るノスタルジックでなんだか懐かしい気持ちになれる作品です。


Decouflé 's Solo - YouTube

 

ちなみに、3月にはピナバウシュのカンパニーも彩の国にやってきます!!しかも、演目は、映画にもなった「コンタクトホーフ」!もう、この春はコンテンポラリーダンス祭りと言っても過言ではないでしょう〜。楽しみです!

 

f:id:ohana_chan:20140308020437j:plain